人気ブログランキング |

<   2019年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

e0414617_09024816.jpg
ダフネ・デュ・モーリアの「レベッカ」は、学生時代からずっと読んでみたいと思いながらも機会を逃していた作品です。日本語訳で読むという選択肢もありましたが、読むならぜひ原書で…と思っていました。ヒッチコック監督による映画も未見です。

1年前、私好みの素敵な表紙のペーパーバックを見つけ、迷わず入手(このチョークアート風のデザイン、ほんと好き)。届いたその日にはりきって本を開いたものの、数ページ読んだところで「私にはまだ早い」と思いました…。自分の英語力では、執拗に積み重ねられる細かな情景描写を追うのが精一杯で、そこに隠された作者の意図まで読み取ることは不可能だと感じたのです。そこで読むのをいったん諦め、読めるようになる日をじっくり待つことにました。

それから1年がたち、ハロウィーンの季節になりました。表紙いっぱいに不穏な雰囲気を醸し出すこの本を再び手に取り、満を持しての再挑戦。はじめの数章にはやはり手こずったものの、今回は、神秘的で緊張感あふれる物語の世界にたっぷりと浸ることができました!

この1年ほぼ休みなく洋書を読み続け、これまで馴染みのなかったジャンルの作品にも挑戦してきたことで、自分でも気づかないうちに英語の基礎体力が強化されていたのかもしれません。「継続は力なり」という言葉を身をもって実感しました。苦手意識のあったクラシック作品を最後まで読み通せたことで、ちょっと自信がついたかも…。


さて「レベッカ」の感想ですが、この本の魅力はやはり、私が一度めに読んだ時には味わうことのできなかった、詩的な情景描写やきめ細やかな心理描写にあります。主人公の目に映る日常のさまざまな光景が、極上のシズル感とともにミルフィーユのごとく何層にも重ねられ、人生における「やるせなさ」や「ままならなさ」が巧みに表現されているのです。

ここであらすじを簡単に。

若く内気な主人公「わたし」は、旅先のモンテカルロで英国紳士のマキシムと出会い、妻として迎えられます。しかしマキシムとの間にロマンチックな新婚生活はありませんでした。マキシムは「わたし」を子供扱いし、つれない態度をとるばかり。マキシムの所有する大邸宅マンダレーで、「わたし」は孤独な日々を送ります。
マキシムは前妻のレベッカを
1年前に亡くしていました。今でもマンダレーの至るところにレベッカの存在感が色濃く残されています。「わたし」はマキシムの親戚や使用人から何かにつけてレベッカと比較され、妻としての自信を失い不安に苛まれるようになります。そこへ、レベッカの死にまつわる驚くべき事実が明らかになり…。

…というお話です。私が一番気に入っているのは、物語の序盤、マキシムが朝食をとりながら「わたし」にプロポーズする場面。「ゴシック・ロマンス」に分類される作品であればここは当然ロマンチックに描かれるべきところですが、そこはデュ・モーリアさん、ひと味違います…。

マキシムがプロポーズをしている最中、テーブルに置かれたマーマレードにハエがたかるんです! ロマンス小説にハエですよ…!? マキシムはそれを手ではらったあと、ハエがたかったばかりのマーマレードを、何食わぬ様子でパンに塗りつけるのです…。

なんかねえもう…物語がこれから動き出すというところで、うら若き乙女の理想をいきなりぶち壊すこの残酷さ。「わたし」を待ち受ける将来を暗示する描写としてあまりにも秀逸です…。マーマレードというちっぽけな小道具にすら緊張感が宿る、デュ・モーリアの表現力にはただひたすら唸らされました。

こんな感じでマキシムの妻となった「わたし」は、結婚後もいろいろと散々な目に遭い、精神的に追い詰められてゆきます。読んでるこちらとしても本当に痛々しいのですが、唯一の救いが、このプロポーズの場面をはじめ幾度となく登場する食事の描写です。私は小説や映画を楽しむにあたり、食べ物が丁寧に描かれている作品はもれなく名作認定するのですが、「レベッカ」もその一つになりました。食事の場面にも登場人物の心理状態が巧みに描かれていて、物語の進行に合わせ、その変化を読み取るのがとても楽しかったです。

…ということで、出会うのがとても遅くなってしまいましたが、私は今、「レベッカ」を原書で読み終えた幸せを満喫しています。衝撃的なラストを読み終えたあとすぐさま最初のページに戻り、2周目を楽しんでいるところです。どうやらこの小説は、2周してはじめてすべてのつじつまが合うように作られているようです。


そういえば、ヒッチコック監督による1955年の映画「ハリーの災難」でも、シャーリー・マクレーンとジョン・フォーサイスのキスシーンで「ハエ」が画面に映り込むんですよねえ…。不吉な出来事の象徴として意図的にやってるんだと思いますが、ロマンチックな場面でそれをやるなんて、デュ・モーリアもヒッチコックも、少々イジワルがすぎますよ……。






*** いつもお読みいただきありがとうございます ***

洋書ブログランキングに参加しています >> にほんブログ村 洋書ブログ




by book-of-dreams | 2019-10-30 23:00 | ミステリー | Comments(4)
e0414617_23015748.jpg

今回ご紹介するのは、1970年代に全米の音楽ファンを虜にした伝説のロックバンド「デイジー・ジョーンズ&ザ・シックス」の回想録です。バンドの人間関係や、1978年発売の大ヒットアルバム「Aurora」の制作秘話、そして翌年の全米ツアーのさなか突如バンドを解散するに至った彼らの音楽活動の軌跡が、バンドメンバーや関係者の証言によって語られます。30年以上にわたり謎に包まれたままだったバンド解散の真相が、今はじめて明らかになるのです…。

…ここまで読んで「デイジー・ジョーンズ&ザ・シックスって誰?」と思った方も少なくないでしょう。それもそのはず、彼らは架空のバンドで、この本はフィクションなのです。人気絶頂期のフリートウッド・マックを思わせるこのバンドが魂を削りながら音楽の高みに上り詰めてゆく姿を通して、カウンターカルチャーの影響が色濃く残る70年代の音楽シーンが鮮やかに描き出されます。

物語は初めから終わりまで、インタビュー形式で展開されます。ミュージシャンおよび彼らを支える立場の人々が語る言葉はとてもリアルで、彼らの自負や重圧、葛藤などが浮き彫りになってきます。その光景がまるで音楽ドキュメンタリーを見ているかのように映像として目に浮かび、フィクションであることを何度も忘れそうになりました。ライブの場面などでは「奇跡のようなこの瞬間に私も立ち合いたかった…!」と、真剣に悔しい気持ちにさせられたほど。文字だけでは聴こえてこないはずの彼らの音楽に、すっかり魅せられてしまいました。

70年代という設定が、この物語をより力強いものにしていると思います。ベトナム戦争などで疲弊したアメリカで、若者がドラッグなどの刹那的な快楽に心のよりどころを求めていた時代。音楽は今よりもはるかに力を持っていたのでしょう。既存の文化に対抗していた当時の人々にとって、音楽とは、人と人とが生身の感情をさらけ出してお互いをわかり合うための貴重な手段だったのかもしれません。今の世の中、そんな70年代の生の感覚というか、ざらりとした肌触りみたいなものを必要としている人が、私を含めて少なからずいるのではないでしょうか。


ちなみに私、フリートウッド・マックのアルバム「Rumors(噂)」が大好きなのです。曲の素晴らしさは言うまでもないですが、このアルバムの魅力は「バンド内の人間関係は崩壊寸前だった」という裏話があってこそ。この本を読んだあとでフリートウッド・マックの映像を見ると、今まで以上にグッときますね。スティーヴィー・ニックスが瞳を潤ませ、歌の合間にリンジー・バッキンガムの顔を何度も見つめるその姿に、胸がキュンとします…。




オーディオブックも素晴らしいのでぜひ聴いてみてください(scribdにもあります)。『フラッシュダンス』のジェニファー・ビールス、『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』の看守メンデス(通称「エロひげ」)役で知られるパブロ・シュレイバーなど、豪華な出演陣で聴きごたえたっぷりです。


*** いつもお読みいただきありがとうございます ***

洋書ブログランキングに参加しています >> にほんブログ村 洋書ブログ




by book-of-dreams | 2019-10-11 07:55 | 歴史小説 | Comments(0)

趣味で洋書を読んでいます。表紙に一目惚れして衝動買いした洋書のレビュー、本に対する偏愛、英語の勉強などについて綴ります。


by Hiroko