人気ブログランキング |

近況。

近況。_e0414617_17451089.jpeg

新型コロナウイルス感染拡大のニュースが伝えられて以降、心がザワザワしてあまり本を読めていません。私にとって読書とは、知的好奇心を満たすためのもの、もしくは単純な娯楽のためのもの。それらを果たすためには、本の世界にどっぷり浸る必要があります。集中力が欠けたまま本を読むことは時間の浪費でしかなく、私にとってはなんの意味もありません。こんな時は無理に本を開くのをやめ、音楽を聴いたり、たまに外で美味しいものを食べたり、ただひたすら眠ったりして、ささくれ立った心の回復に努めるのが一番です。


そんな中でも、何冊かは本を読みました。ひとつはアルベール・カミュの「ペスト」の英訳版です。今から9年前、東日本大震災の原発事故で世の中がパニックになっている最中に日本語訳で読みましたが、Kindle版が実質50円で手に入るということで(Amazonへのリンクはこちら>> ※価格は変わる場合があります)、今回は英語で挑戦。

目には見えない恐ろしいものに対して、立場の違う人々がそれぞれの価値観のもとに立ち向かうという物語。マッチョな正義感を振りかざすわけでもなければ、ホラー的なサバイバル劇を描いた物でもありません。困難に直面した時に人間はどう行動するのかを、ただ静かに理性的に、読む者に示してくれる作品です。フィクションではありますが、極限に置かれた時の状況を擬似体験することで非常時の心構えができますし、事態の収束を図るために各方面で尽力してくださっている方々に思いを馳せることができます。こんな時、国のエラい人たちにはついつい文句を言いたくなりますが(私も雑記ブログでつい愚痴ってしまいました)、こういう本を読んでおくことは、不安な日々を過ごす中で冷静さを保つためにもとても大事だと思います。


他に読んだのは、私が尊敬してやまない須賀敦子さんのエッセイでその存在を知り、ずっと読みたいと思っていた作家、アン・モロウ・リンドバーグの2冊(1冊は読了、もう1冊はまだ途中)。アンの夫は、アメリカの飛行家チャールズ・リンドバーグです。

アン・モロウ・リンドバーグが綴る言葉にこのタイミングで出会えたことは、本当に幸運だったなと思っています。精神的に自立した一人の女性が紡ぎ出す豊かな感性に、ただただ救われました。心に響いた箇所をノートに書き出しながら読んでいたのですが、そのうちに全部書き写さなければならなくなって、書き出すのを泣く泣くやめにしたほどです(笑)。アンの言葉をひとつひとつ噛みしめるようにじっくり読んでいると、アンの声が私の耳に直接ささやきかけてくるのを感じます。アンの肉声などこれまでに聴いたことがないのにもかかわらず、です。YouTubeなどで探せばアンの声を聴けるのかもしれませんが、その必要を今はあまり感じていません。想像上のアンの声で充分。そして、自分の想像と実際のアンの声はそう違わないのではないかと思っています。それぐらい、アンの言葉が自分のものになっています。

今の心のザワザワが落ち着くまでは新しい本を読む気がしないので、もうしばらくはアンの言葉を反芻しながら過ごしたいと思っています。この2冊は追ってレビューするつもりです。うん、するつもり…。できるといいなあ…。


そんな感じで…。1日も早く、平穏な日常が戻ってきますように。









*** いつもお読みいただきありがとうございます ***

洋書ブログランキングに参加しています >> にほんブログ村 洋書ブログ




Commented by BBpinevalley at 2020-03-27 13:23
初めまして。
好きな場所が「書店」というのには感心しました。
本当に本がお好きなんですね。

カミュの『ペスト』、懐かしいです。
Commented by book-of-dreams at 2020-03-27 21:14
> BBpinevalleyさん

はじめまして。コメントありがとうございます。
読書に集中できない日々が続いていますが
本がそばにあるだけで心が落ち着くのです。

ニュージーランドでもロックダウンが始まったんですね…。
動きが早いのはさすがです。
お互いに最善を尽くし、この状況を乗り切りたいですね。
Commented by Ma- at 2020-03-29 13:58 x
初めまして。gift from the sea良いですよねー私も好きです。
そしてペスト、割安になっていると知り、また読みたくなりました。
Commented by book-of-dreams at 2020-03-30 22:19
> Ma-さん
はじめまして。コメントありがとうございます。
self isolationが叫ばれる中、アン・リンドバーグの本はまさにタイムリーでした。
このままいくと、海に行くのも難しくなってしまうのでしょうか…。

「ペスト」は良質の人間ドラマでしたが
今の現実の状況は…。
ウイルスよりも人がとても怖いです。
by book-of-dreams | 2020-03-07 19:47 | 本好きのひとりごと | Comments(4)

趣味で洋書を読んでいます。表紙に一目惚れして衝動買いした洋書のレビュー、本に対する偏愛、英語の勉強などについて綴ります。


by Hiroko