人気ブログランキング |
e0414617_09592047.jpeg

英国のVirago Modern Classicsという女性作家専門レーベルから出版されている作品は、どれもカバーデザインがとってもオシャレ。ジャケ買い至上主義者の私としては、片っ端から全部揃えて積みたくなって…じゃなかった、読みたくなってしまいます。前回ご紹介したDaphne du Maurierの「Rebecca」もこちらのレーベル。あのステキな表紙のペーパーバックに出会わなければ、読む機会がないまま一生を終えていたかもしれません。


そんなVirago Modern Classicsに、du Maurierの作品と同様にいつか読破したいと思っていた作家、パトリシア・ハイスミスの作品が勢揃いしています。これがまた、表紙のデザインがどれもかっこいいんだな…。ある日いつものようにAmazonを探索していたところ、「A Game for the Living」のペーパーバックが新品で290円という嬉しいお値段になっていたので、超高速でお買い上げ。(残念ながら現在はちょっと上がってしまったようですが、それでも500円台ですよ。Kindle版はさらにお手頃価格です Amazon最新価格はこちら>>

ハイスミスの作品で私がこれまでに読んだことがあるのは「Carol」のみ、あとは映画「リプリー」を観たぐらいです(私の母親は「太陽がいっぱい」の大ファンだったとのこと)。そのどちらも、繊細かつ鋭い心理描写が印象的でしたが、「A Game for the Living」は一体どんな作品なのでしょう。美しい表紙の隅には「Gone Girl」でおなじみのギリアン・フリンの推薦文が。どことなく胸糞わる〜いミステリー小説のかほりが漂ってきますが…。それではあらすじを簡単に。

1950年代のメキシコ。ヨーロッパの富豪の息子Theodoreと貧しいカトリック教徒のRamónは、一人の女性を共に愛する「同志」でした。ところがある日、彼らの愛する女性Leliaが自宅で惨殺されているのが見つかり、2人の関係は一変します。互いの犯行を疑う2人でしたが、Ramónが突如として犯行を自白。逮捕されてからも不可解な発言を繰り返し、事件は混迷を極めてゆきます。Theodoreは疑心暗鬼に陥りつつもRamónを信じ、なんとか彼を救おうとしますが…。

奇妙な三角関係によって保たれていた友情のバランスが女性の死によって崩され、残された2人はこれまでの関係を改めて見つめ直す必要に迫られます。愛する女性の死に罪の意識を感じ、精神錯乱状態に陥るRamón。そんなRamónのことを「面倒くさい奴だな…」と思いつつも放っておけないTheodore。どうにかRamónに正気に戻って欲しくてTheodoreがあれこれと世話を焼くさまは、単なる友人の枠を完全に超えています。ブロマンスとかソウルメイトなどというキーワードに日頃から敏感に反応してしまう私は、Theodoreのちょっとした行為のひとつひとつにドキドキしてしまいました…。

パトリシア・ハイスミスは「人嫌い」としてよく知られていたそうです。またハイスミスは1995年に亡くなっていますが、自身がレズビアンであったことを公表したのは亡くなる数年前のことでした。1958年に発表されたこの作品におけるTheodoreとRamónの間柄には、人間関係を築く上での著者自身の理想や憧れがひそかに反映されているのかな…などと思いながら読みました。

ギリアン・フリンが推してる作品だけあって、心理描写多めのテキストは決してサクサク読めるものではありません。私が最初に心配したような胸糞悪さはそれほど感じませんでしたが(ホッ)、殺しの犯人が最後までわからないので、読んでいる最中はストーリーがどの方向に向かっているのかまったくつかめず、不安になったことは確かです。ストーリーの根底に流れる「人をどれだけ愛することができるか」というテーマは何気に重く、そして少々まどろっこしいので、読む人を選ぶ作品だとは思います。

けれども、60年以上前に書かれた作品とは思えないような、今の社会に通じる印象的なシーンがいくつも出てくるので、頑張って読む価値はあります。女性の地位の低さを嘆くような言葉や「人を愛するのに身分や育ちや宗教の違いは関係ない(※ブログ主による超訳です)」というような言葉が胸に刺さります。時代は変わっても、人というのはさほど変わりはないのだと思い知らされました。

この本から私が受け取ったメッセージがこちら。「小難しいことは考えず、愛したい人を愛し、生きたいように生きればいい。人を愛することなんて、生きる上でのゲームにすぎないのだから」これは、死んでしまったLeliaがTheodoreの夢の中に出てきて言うセリフに、自分なりの解釈を加えたものです。リアルの生活では、人生に迷ったときに愛する人が夢の中に都合よく出てきたり、幽霊になって出てきて自分を助けてくれたりはしません。でも、本の中ではそれが可能。スマホの画面に垂れ流される情報に身を任せる時間を少し減らして、こういう読みごたえのある作品から生き方についてじっくり学ぶのも、なかなか良いものです。

とりとめもなく色々と書いてしまいましたが、私が本当に言いたいことはただひとつ。Theodoreが飼っているネコがとっても可愛いので、ネコ好きな人はぜひ読んでみてくださいね。




ハイスミス作品を語るには、やはり評伝も読まないと…と今回強く思いました。
scribdに電子書籍版があったので、時間があるときに少しずつ読もう…。


*** いつもお読みいただきありがとうございます ***

洋書ブログランキングに参加しています >> にほんブログ村 洋書ブログ




# by book-of-dreams | 2019-11-17 09:53 | ミステリー | Comments(0)
e0414617_09024816.jpg
ダフネ・デュ・モーリアの「レベッカ」は、学生時代からずっと読んでみたいと思いながらも機会を逃していた作品です。日本語訳で読むという選択肢もありましたが、読むならぜひ原書で…と思っていました。ヒッチコック監督による映画も未見です。

1年前、私好みの素敵な表紙のペーパーバックを見つけ、迷わず入手(このチョークアート風のデザイン、ほんと好き)。届いたその日にはりきって本を開いたものの、数ページ読んだところで「私にはまだ早い」と思いました…。自分の英語力では、執拗に積み重ねられる細かな情景描写を追うのが精一杯で、そこに隠された作者の意図まで読み取ることは不可能だと感じたのです。そこで読むのをいったん諦め、読めるようになる日をじっくり待つことにました。

それから1年がたち、ハロウィーンの季節になりました。表紙いっぱいに不穏な雰囲気を醸し出すこの本を再び手に取り、満を持しての再挑戦。はじめの数章にはやはり手こずったものの、今回は、神秘的で緊張感あふれる物語の世界にたっぷりと浸ることができました!

この1年ほぼ休みなく洋書を読み続け、これまで馴染みのなかったジャンルの作品にも挑戦してきたことで、自分でも気づかないうちに英語の基礎体力が強化されていたのかもしれません。「継続は力なり」という言葉を身をもって実感しました。苦手意識のあったクラシック作品を最後まで読み通せたことで、ちょっと自信がついたかも…。


さて「レベッカ」の感想ですが、この本の魅力はやはり、私が一度めに読んだ時には味わうことのできなかった、詩的な情景描写やきめ細やかな心理描写にあります。主人公の目に映る日常のさまざまな光景が、極上のシズル感とともにミルフィーユのごとく何層にも重ねられ、人生における「やるせなさ」や「ままならなさ」が巧みに表現されているのです。

ここであらすじを簡単に。

若く内気な主人公「わたし」は、旅先のモンテカルロで英国紳士のマキシムと出会い、妻として迎えられます。しかしマキシムとの間にロマンチックな新婚生活はありませんでした。マキシムは「わたし」を子供扱いし、つれない態度をとるばかり。マキシムの所有する大邸宅マンダレーで、「わたし」は孤独な日々を送ります。
マキシムは前妻のレベッカを
1年前に亡くしていました。今でもマンダレーの至るところにレベッカの存在感が色濃く残されています。「わたし」はマキシムの親戚や使用人から何かにつけてレベッカと比較され、妻としての自信を失い不安に苛まれるようになります。そこへ、レベッカの死にまつわる驚くべき事実が明らかになり…。

…というお話です。私が一番気に入っているのは、物語の序盤、マキシムが朝食をとりながら「わたし」にプロポーズする場面。「ゴシック・ロマンス」に分類される作品であればここは当然ロマンチックに描かれるべきところですが、そこはデュ・モーリアさん、ひと味違います…。

マキシムがプロポーズをしている最中、テーブルに置かれたマーマレードにハエがたかるんです! ロマンス小説にハエですよ…!? マキシムはそれを手ではらったあと、ハエがたかったばかりのマーマレードを、何食わぬ様子でパンに塗りつけるのです…。

なんかねえもう…物語がこれから動き出すというところで、うら若き乙女の理想をいきなりぶち壊すこの残酷さ。「わたし」を待ち受ける将来を暗示する描写としてあまりにも秀逸です…。マーマレードというちっぽけな小道具にすら緊張感が宿る、デュ・モーリアの表現力にはただひたすら唸らされました。

こんな感じでマキシムの妻となった「わたし」は、結婚後もいろいろと散々な目に遭い、精神的に追い詰められてゆきます。読んでるこちらとしても本当に痛々しいのですが、唯一の救いが、このプロポーズの場面をはじめ幾度となく登場する食事の描写です。私は小説や映画を楽しむにあたり、食べ物が丁寧に描かれている作品はもれなく名作認定するのですが、「レベッカ」もその一つになりました。食事の場面にも登場人物の心理状態が巧みに描かれていて、物語の進行に合わせ、その変化を読み取るのがとても楽しかったです。

…ということで、出会うのがとても遅くなってしまいましたが、私は今、「レベッカ」を原書で読み終えた幸せを満喫しています。衝撃的なラストを読み終えたあとすぐさま最初のページに戻り、2周目を楽しんでいるところです。どうやらこの小説は、2周してはじめてすべてのつじつまが合うように作られているようです。


そういえば、ヒッチコック監督による1955年の映画「ハリーの災難」でも、シャーリー・マクレーンとジョン・フォーサイスのキスシーンで「ハエ」が画面に映り込むんですよねえ…。不吉な出来事の象徴として意図的にやってるんだと思いますが、ロマンチックな場面でそれをやるなんて、デュ・モーリアもヒッチコックも、少々イジワルがすぎますよ……。






*** いつもお読みいただきありがとうございます ***

洋書ブログランキングに参加しています >> にほんブログ村 洋書ブログ




# by book-of-dreams | 2019-10-30 23:00 | ミステリー | Comments(4)
e0414617_23015748.jpg

今回ご紹介するのは、1970年代に全米の音楽ファンを虜にした伝説のロックバンド「デイジー・ジョーンズ&ザ・シックス」の回想録です。バンドの人間関係や、1978年発売の大ヒットアルバム「Aurora」の制作秘話、そして翌年の全米ツアーのさなか突如バンドを解散するに至った彼らの音楽活動の軌跡が、バンドメンバーや関係者の証言によって語られます。30年以上にわたり謎に包まれたままだったバンド解散の真相が、今はじめて明らかになるのです…。

…ここまで読んで「デイジー・ジョーンズ&ザ・シックスって誰?」と思った方も少なくないでしょう。それもそのはず、彼らは架空のバンドで、この本はフィクションなのです。人気絶頂期のフリートウッド・マックを思わせるこのバンドが魂を削りながら音楽の高みに上り詰めてゆく姿を通して、カウンターカルチャーの影響が色濃く残る70年代の音楽シーンが鮮やかに描き出されます。

物語は初めから終わりまで、インタビュー形式で展開されます。ミュージシャンおよび彼らを支える立場の人々が語る言葉はとてもリアルで、彼らの自負や重圧、葛藤などが浮き彫りになってきます。その光景がまるで音楽ドキュメンタリーを見ているかのように映像として目に浮かび、フィクションであることを何度も忘れそうになりました。ライブの場面などでは「奇跡のようなこの瞬間に私も立ち合いたかった…!」と、真剣に悔しい気持ちにさせられたほど。文字だけでは聴こえてこないはずの彼らの音楽に、すっかり魅せられてしまいました。

70年代という設定が、この物語をより力強いものにしていると思います。ベトナム戦争などで疲弊したアメリカで、若者がドラッグなどの刹那的な快楽に心のよりどころを求めていた時代。音楽は今よりもはるかに力を持っていたのでしょう。既存の文化に対抗していた当時の人々にとって、音楽とは、人と人とが生身の感情をさらけ出してお互いをわかり合うための貴重な手段だったのかもしれません。今の世の中、そんな70年代の生の感覚というか、ざらりとした肌触りみたいなものを必要としている人が、私を含めて少なからずいるのではないでしょうか。


ちなみに私、フリートウッド・マックのアルバム「Rumors(噂)」が大好きなのです。曲の素晴らしさは言うまでもないですが、このアルバムの魅力は「バンド内の人間関係は崩壊寸前だった」という裏話があってこそ。この本を読んだあとでフリートウッド・マックの映像を見ると、今まで以上にグッときますね。スティーヴィー・ニックスが瞳を潤ませ、歌の合間にリンジー・バッキンガムの顔を何度も見つめるその姿に、胸がキュンとします…。




オーディオブックも素晴らしいのでぜひ聴いてみてください(scribdにもあります)。『フラッシュダンス』のジェニファー・ビールス、『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』の看守メンデス(通称「エロひげ」)役で知られるパブロ・シュレイバーなど、豪華な出演陣で聴きごたえたっぷりです。


*** いつもお読みいただきありがとうございます ***

洋書ブログランキングに参加しています >> にほんブログ村 洋書ブログ




# by book-of-dreams | 2019-10-11 07:55 | 歴史小説 | Comments(0)
e0414617_21471199.jpg

私にとって読書は趣味のひとつにすぎませんが、食事や睡眠と同じぐらい、毎日の生活に欠かせない習慣でもあります。1日のうちの貴重な数時間を読書に割くわけですから、自分の血となり肉となるような、何かしらの学びが得られる本を読みたいものです。できればそれは堅苦しい専門書や自己啓発本などではなく、人間模様を巧みに描いたフィクションがいい。

今回ご紹介する「The Masterpiece」は、そんな私の知的好奇心をお腹いっぱいに満たしてくれました。異なる時代のニューヨークに生きる2人の女性の姿を通じ、ニューヨークの街の歴史とアートの世界の光と陰がドラマティックな展開で描かれる、極上の歴史エンターテインメント小説です。

[あらすじ]
1928年のニューヨーク。Clara Dardenは、グランド・セントラル駅の構内にある美術学校でイラストレーションの講師を務めていました。女性であること、またイラストレーションの芸術としての価値の低さから正当な評価が得られず、苦しい生活を強いられていました。
それでも懸命に努力を重ね、雑誌Vogueにその才能を認められたのをきっかけに、イラストだけでなく工業デザインの世界でも成功を収めます。しかしClaraは、1931年にニューヨークで起こったある出来事を境に忽然と姿を消し、世間からその名を忘れられてしまいます…。

1974年。Virginia Clayは夫と離婚し、新たな人生を歩もうとしていました。グランド・セントラル駅の総合案内所で働き始めたVirginiaは、かつて駅の構内に美術学校があった事実を知ります。教室だった部屋は物置きと化し、ホームレスが辺りをうろつく薄気味悪い場所になっていました。「あの部屋には幽霊がいる」と言い出す仕事仲間もいるほどです。
ある日Virginiaは、その部屋で1枚の絵画を見つけます。絵の作者はClara Darden。画家の名前をVirginiaは知りませんでしたが、その絵に強く惹かれて思わず家に持ち帰ってしまいます。Claraの絵に出会ってから不可解な出来事が立て続けに起こり、Virginiaはこの絵に何か秘密が隠されていることに気づきます。仕事仲間のいう「幽霊」とは誰なのか。Clara Dardenはなぜ姿を消したのかー。
その頃、グランド・セントラル駅では再開発の計画が進み、その美しい駅舎は解体の危機に晒されていたのでした…。

世界恐慌、そしてニューヨークを代表する歴史的建造物の解体危機という二つの史実をベースにしたフィクションです。いやーこの本、大当たりでした!この著者の作品を読むのは初めてですが、その筆力にたちまちファンになってしまいました。

巧みなプロット、そしてスリリングな展開。2つの時代を行ったり来たりしますが、変にこねくり回して読者を混乱させることなく、ぐいぐいと一気に読ませてくれます。ストーリーを楽しく追いながらニューヨークの近代史やアートに関するトリビアを同時に学べる、ひと粒で二度も三度も美味しく味わえるお得な一冊です。アメリカのモダンアートに詳しくて勘のいい人なら割と早い段階で結末が読めてしまうかもしれませんが、かじる程度の知識しかない私には十分に楽しめる内容でした。

そして何より、女性の立場が今よりもさらに弱かった激動の時代に、自分の力で人生を切り開いていこうとする2人の女性の姿に感動しました。ポップアートの先駆け的存在でありながら不遇の運命をたどるClaraも、私生活の困難を乗り越えたくましく生きていこうとするVirginiaも、どちらも魅力的。

特にVirginiaは、Claraの謎を追求していくうちにみるみる輝きを増し、大胆になっていきます。情熱が先走って色々とヘマをやらかす様は、まるでコージーミステリーのヒロインのよう。「Virginia、ちょっと落ち着け」と言いたくなりますが、その一生懸命さで周りを巻き込んでいく姿に心を打たれるのです。

ちなみに、この本に登場するグランド・セントラル駅構内の美術学校はかつて実在していたものです(1923年開校、1944年閉鎖)。この美術学校で講師を務めていたHelen Drydenというアーティストは、Clara Dardenのモデルとなっています。またClaraの同僚の画家Levonにもモデルとなる男性講師がいます(Arshile Gorky)。気になる方はGoogleで画像を検索してみてくださいね。ただしWikipediaなどにはネタバレが含まれているので、謎解き重視の方はご注意ください。

物語の舞台となったグランド・セントラル駅には、何度か行ったことがあります。コンコースに立つだけで映画やドラマの主人公のような気分に浸れる、ニューヨークの中でも特に好きな場所です。が、かつて駅舎の建て替え計画があったという事実は、この本を読むまで知りませんでした。次にグランド・セントラル駅を訪れる時には、この本で得た感動を胸に、建物の細部にわたってじっくりと眺めてみたいと思います。

それにしても、アートって何なんでしょう。アートと商業デザインの違いって何? 芸術とお金の関係は? そして芸術家の成功の鍵とはいったい何なのか…。この本を読んで、さらに興味が深まりました。




アートミステリーといえば、和書ですがこちらも面白かったです。


*** いつもお読みいただきありがとうございます ***

洋書ブログランキングに参加しています >> にほんブログ村 洋書ブログ




# by book-of-dreams | 2019-09-28 20:25 | 歴史小説 | Comments(0)
e0414617_16593335.jpg

このところ、何かと忙しかったり、予定外の用事が立て続けに入ったりして、本を楽しむ心の余裕がありません。

今読みかけの本は、英文はそんなに難しくなく、ストーリーもスリリングで面白いのです。しかしスキマ時間で細切れにしか読めず、なかなか前に進みません。そして、心がざわざわしていると、本の世界に入り込めず、読んでいても全然楽しくない。やがて、簡単な単語ですら頭に入ってこなくなります。

物事が自分の思い通りに運ばないと、ストレス溜まりますよね。さあ腰を据えて本を読むぞー、と意気込んでいる時に邪魔が入ると、本当にイライラします。

秋分の日の連休は実家に帰りました。実家の猫がお昼寝をしているそばでのんびり読書を楽しむつもりだったのですが、両親との積もる話もあったりして、読めたのは3日間でわずか5ページほどでした…。

はあ〜、がっかり。

しかし、日中寝てばかりいる猫殿を見ていると、じたばたしても無駄だな、と思えてきました。

e0414617_16593925.jpg

猫:「本がなんだって?」

e0414617_16594448.jpg

猫:「本が読めなくてイライラするとか、意味がわからない」

猫:「人間は、考えてもしかたがないことを、難しく考えすぎ」

e0414617_16594726.jpg
猫:「果報は寝て待て」


…はいはい。そうですよね。

今は本を読んでいる時ではない、と神様が言っているのだと思って、目の前の雑事にじっくり向き合うことにしよう。

これまでにも、多忙や精神的な疲労が理由で洋書が読めないということが何度かありました。経験上、そんな時には思い切って読書スイッチをオフにし、別のことに取り組むのがいちばんだと思っています。本からしばらく離れたのちに再び洋書を手に取ってみると、英語を忘れるどころか意外に読めている自分に気づき、嬉しくなったりします。ひとたび自分の脳に刻まれた「洋書を読む喜び」は、時が経っても失われることはないんですね。たぶん。


ということで、10月の初めぐらいまではこんな調子が続くかも…。再び洋書に没頭できる日が来るのを楽しみに、日々やるべきことを粛々とこなしていこうと思います。


こんな時は、これまでに何度も読んだお気に入りの本を寝る前にパラパラめくるだけでも気持ちが落ち着きます。私の心のサプリメントはこちら。日常で使える英語フレーズとともに、ニューヨークの街角で繰り広げられる人間模様が生き生きと描かれている、とびきり素敵なエッセイ集です。シリーズ全9巻の第1作。



Apple Booksにて「ニューヨークの魔法」シリーズ特別編が無料で配信されています。うれしい英語音声付き。



*** いつもお読みいただきありがとうございます ***

洋書ブログランキングに参加しています >> にほんブログ村 洋書ブログ




# by book-of-dreams | 2019-09-23 18:14 | 本好きのひとりごと | Comments(2)

趣味で洋書を読んでいます。表紙に一目惚れして衝動買いした洋書のレビュー、本に対する偏愛、英語の勉強などについて綴ります。


by Hiroko